歯茎に膿が溜まるの繰り返し

一般歯科Q&A:27歳 女性 主婦(12/18)


相談者評価:なし
中学生くらいの時初めてなり、それから歯医者に通ったりして一旦治まるのですが1、2年たつとまた溜まって腫れての今まで繰り返しです。

歯茎に膿が溜まって腫れて痛いんです。中学生くらいの時初めてなり、それから歯医者に通ったりして一旦治まるのですが1、2年たつとまた溜まって腫れての今まで繰り返しです。原因を知って完全に治したいのですが、いつも歯医者さんでは歯に穴をあけて膿を出してでなくなったら詰めるの繰り返しです。前に歯医者さんで膿の袋を手術でとらなければいけないとも言われたコトがあります。どぅしたら完全に治せるんでしょぅか…やっぱり手術?その歯を抜いてしまえば膿はたまらないのか、何で膿がたまるのか、どぅしたらいいのかわかりません。今、ちょうど腫れてマス。よろしくお願いします。

 歯根の先に、膿瘍(膿が溜まっている)形成されている状態を根尖病巣があると表現します。根尖病巣は根管治療(歯根内部の神経が入っていた管の部分を清潔にする)によって消失すると云われていますが、歯根の微小な破折(マイクロクラック)がある場合や不十分な根管治療などでは一時的に症状が出なくなることはありますが、ご相談のように時間が経過すると徐々に膿が溜まり歯茎の腫れにつながります。
 経過不良な根尖病巣に対応するためには、少し専門的になりますが根管から病巣部分に薬剤を注入して病巣部分の消失を待つという方法、前述のような方法を行っても病巣の消失が確認できない場合には歯根端切除術といって病巣部分と歯根の一部を切除する外科的な処置があります。予後不良で経過が長い場合には、歯根の先が一部吸収していて根管部分を緊密に閉鎖するという事が困難な場合があります。
 抜歯というのはある意味最悪の選択肢ですから、できるだけ歯を保存すべきだと考えます。基本は丁寧な根管治療に尽きると思いますが、3Mix-MP法という方法も試してみるのも一つの方法ですが全ての歯科医院で行っているわけではないので受診前に確認が必要です。
●関連する用語から探す
根尖病巣 歯茎 経過 腫れ 根管治療 神経