親知らずを抜歯後、抜歯した所の歯茎がむず痒くなることがある

一般歯科Q&A:33歳 女性 その他(07/23)


相談者評価:参考になった
右下の親知らずを抜歯後、抜歯した所の歯茎がむず痒くなることがある

はじめまして。
2月に総合病院の口くう外科で右下の親知らずを抜歯しました。その後、抜歯した所の歯茎がむず痒くなることがあるので何度か抜歯を担当した医師に診て頂いたのですが、歯茎に注射をするだけなので一時的にしか症状が改善されません。しかもその医師は『どうしてこのような症状になるのか原因がわからない』というので困っています。
このような場合、何が原因で、どのような治療方が適切なのかわかるのであれば教えて下さい。保険も使えるのか知りたいです。何か適切な治療方があったら、今度は担当医師を変えようと思っています。
よろしくお願いします。

 親知らずの抜歯後、歯肉がむず痒くなるとの症状は神経が回復過程に起きる症状かもしれません。親知らずの抜歯後、細かい神経線維の切断は避けられないため、一時的に知覚麻痺の症状が起きる事があります。知覚神経が回復する過程ではむず痒くなる症状が起こる事があります。
 抜歯後の経過が長いので、徐々に神経線維の再生が起こっていると推測されますが対応法としては赤外線照射、レーザー照射などの方法、ビタミンB2,6、12製剤の服用などが考えられますが特に有効な方法は見当たりません。一旦神経痛様症状が現れても、多くの場合、1年前後で回復するとの報告がありますが確定的ではありません。これらの処置は保険診療で対応可能です。
●関連する用語から探す
抜歯 神経 親知らず 歯茎 歯肉 知覚麻痺