ホワイトスポットを治療するのにMIペーストを使用

審美歯科Q&A:21歳 女性 OL(03/20)


相談者評価:参考になった
ホワイトスポットを治療するのに、歯医者さんでMIペーストを使用するよう言われました。

MIペーストについて教えて下さい。
ホワイトスポットを治療するのに、歯医者さんでMIペーストを使用するよう言われました。1〜2週間、朝・晩つけてみましたが、何だか余計目立つようになった気もします。歯全体につけるよう言われましたが、ホワイトスポット以外の所に塗らないと、ホワイトスポットまで余計に白くなっていくんじゃないかと不安です。
長く続ければ多少は目立たなくなるんでしょうか?
使い方や効果などを教えて下さい。

 MIペーストは牛乳由来のタンパク質(リカルデント)に高濃度のリンとカルシウムを結合させたもので、お口の中の酸性度を中和する作用と緩衝する作用があると云われています。推奨される使用方法は実際には大変で、通常の歯磨きをした後に使用するのがポイントです。これは歯の表面が汚れていると高濃度リンやカルシウムが歯面と直接接触できないからです。歯磨きが終了したら、それこそ多いと思う量を歯ブラシで歯面に塗布します。3分後に過剰分は吐き出し、30分後を目安に少量の水でうがいをします。その間唾液は適時吐き出します。つまり、30分間は歯面に接触している必要があるという事です。1ヶ月以上の長期使用でホワイトスポットが減少するとのレポートもあります。